きゅうり

育苗期

鮮緑 800倍で2〜3回、葉面散布すると葉色が冴えて、葉先がピシッと立ち
   ます。また根量も増します。

※軟弱徒長がなく、葉肉が厚い、節間のつまった、根張りのよい苗を作りましょう。

定植期

定植直前に鮮緑の800倍液に浸し、定植すると発根力を増大させ、活着を促進します。

※活着が早く、しおれが少ない。

生育期

本葉18〜20枚ごろまでは、10aあたり、鮮緑 2〜3kgを20〜30リットルの水に溶かし、液肥と同様に15〜20日間隔で流してください。

特長 生育の初期に充分に根張りを充実させます。
   新芽の伸びが早く、主枝の雌花の開花、結実と同時に側枝の伸長を促進させます。

収穫初期

10aあたり、鮮緑 5kgを20〜30リットルの水に溶かし、液肥と同様に、15〜20日間隔で流してください。

特長 発根時に根毛の発生を旺盛にするので、養分をバランスよく吸収し葉に厚みと艶を増し、充実した雌花となります。

収穫最盛期

10aあたり鮮緑 5kgを液肥同様15〜20日間隔で流してください。

特長 収穫最盛期には、根疲れのピーク。鮮緑(微量要素)を施す事によって、根に活力を与え、下葉の枯れ上がりを防ぎ、果形を整え、収量アップと、その後の成り疲れを防ぎます。

収穫後期

10aあたり、鮮緑 5kgを液肥同様に15〜20日間隔で流してください。

特長 微量要素を常に補給することで、雌花も若若しく、尻太り、尻こけ、曲り果を防ぎます。
ミネヒロン株式会社
〒319-0315
茨城県水戸市内原町1399番地
TEL.029-259-5515
FAX.029-259-5517
肥料製造販売
人の健康と食の安全に。健康でおいしい農作物。高品質、安全、安心、多収の栽培には総合ミネラルバランスの良い施肥を。 
●粉末液肥タイプは、水溶性で水に溶けやすい微量要素肥料です。潅水および葉面散布でご利用いただけます。
健苗育成、活着促進、生育促進、着果促進、品質向上、果実肥大、糖度向上のために…
また、異常気象時、日照不足(曇天・長雨)対策の発根促進・軟弱徒長防止・光合成促進に。

●元肥タイプは、土壌に施肥することで、作物に欠かせない微量要素(ミネラル)を供給。
生育初期の根張りを促進します。
収穫期までスタミナ体質のある作物を…

昨今、土壌中の微量要素(ミネラル)が不足気味で、作物のミネラル成分の含有率が低下しています。
要素欠乏、生理障害が引き起こる前に、初期のしっかりしたスタートを。